ステッピングモーターが動いた!!

DSC09296
ステッピングモーターを動かしてみようと、M5StackのモジュールをAlieに4/13日に発注したものの、コロナの影響で遅れに遅れ、到着したのが6/9日と、2ヵ月ほども掛かってしまいました。ステッピングモーターは角型の奴を発注してましたので、それは数日遅れで到着。

さぁ~て、やってみるか~とはじめたところ、12V電源が必要ということで、1AのものをAMAZONでポチリ。また、数日待つことに。やっと揃って、さてやってみるかでしたが配線が?。FBグループで教えてもらいハンダ付け。しかし、ブルブルと震えるだけ。アンペア不足だろう~という指摘があったので、12V6Aをポチリ。しかし、同じ。もう、ワケワカラン。

それで、配線をいろいろやってみようと、ブレッドボードを購入。ハンダ付け不要で挿すだけでOKとテストするには、たいへん便利なものでした。
DSC09286

いろいろと抜き挿ししていたら、動きはじめました~。
番号があるらしいのですが、結果オーライ。とりあえず、感動しておきました(^^;)。


角型はサイズが違うのですが、
コネクタが一緒でしたので、挿し替えたでけでOKでした。

※機種が違うと、スピードの数値次第ではブレるような動作に。
 その際は数値を思い切って下げてみるベシです。
 300:100が同等スピードだったりします

青 赤 緑 黒 角型ステッピングモーター側
| | | |
白 黄 赤 黒 M5Stack側
DSC09293

丸い奴は左が回路なし、右は回路ありでしたが、M5Stackのステッピングモーターのモジュールがあるので回路は思ったとおり不要で、配線だけで済むということです。

桃 橙 黄 赤 丸型ステッピングモーター側
| | | |
白 黄 赤 黒 M5Stack側
DSC09304


サーボモーターでの回転速度制御

DSC08650
UIFlowでは、これが最低速度。しかもガタガタ(^^;)
サーボーモーターで回転速度制御をやることは無謀のようです(^^;)
ステッピングモーターを試してみます
Snap_074

UIFlow1.5.0に

DSC_0866
メニューがガラリと変わって戸惑いましたが、Wi-Fi設定は、私の手持ちのAndroidでは、"Huawei MediaPad T2 8.0 PRO"のみ、設定可能でした(^^;)。

サーボモーターが動いた!!

Snap_062
提供されているサンプルプログラムが、GitHubでうまく取れず、コードを全部なぞってコピーし、それにファィル名を付けて保存。それをUIFlowに取り込んでやっと表示。実行されたら、動きました。何でも初めてのものは感動しますね。サーボモーター事始めとなりました。少しつづ改良してみます。
Snap_059

RGBカラー計測(キャリブレーション要)

DSC08592

カラー計測ですが、サンプルのUIFlowでは、色味があまりにもデタラメで、これをなんとかしようと四苦八苦。COLORセンサーのキャリブレーション(初期設定)があると思うので、といろいろ調べてやっと辿りついたのが[M5Stack Community]の中にあった投稿です。英語で戸惑いましたが、翻訳ソフトでなんとなぁ~く意味をくみ取りました(^^;)

私が思っていたとおりのことを行っておられました。まず、COLORセンサーで黒紙、白紙での値を取るUIFlowを作り、RGBの値を記録。その後に、その値を元に、UIFlowを作るというものです。こうやると、ほぼ思った通りの色値が取れるようになりました。

ただ、最初に値を取る用紙の質や、測る素材でも違うようではあります。

COLORセンサーで黒紙、白紙での値を取るUIFlow (プログラム)
Snap_028

RGB計測のUIFlow (プログラム)
Snap_029
Snap_030

ギャラリー
  • ステッピングモーターが動いた!!
  • ステッピングモーターが動いた!!
  • ステッピングモーターが動いた!!
  • ステッピングモーターが動いた!!
  • ステッピングモーターが動いた!!
  • ステッピングモーターが動いた!!
  • サーボモーターでの回転速度制御
  • サーボモーターでの回転速度制御
  • サーボモーターでの回転速度制御
アーカイブ
  • ライブドアブログ